大人ニキビの治療法と対策-

38.成分

大人ニキビの治療法と対策-

具体的な成分についてご紹介します。

皮脂抑制剤・・・皮脂量を促進する男性ホルモンに拮抗作用がある卵胞ホルモンが配合されますが量は規制されています。

角溶解剤・・・毛孔の入口を塞がないよう柔らかくする薬剤
①イオウ:角質軟化作用  
②サリチル酸:軽いニキビに有効 
③レゾルシン:イオウとの組み合わせで使われ、角質軟化作用と殺菌作用がある。

殺菌剤:ニキビ菌を抑えるために塩化ベンザルコニウムなどが使われます。
その他天然(植物)成分では毛穴を引き締める効果があるものではハマメリス・オトギリソウ・ダイオウなどがあります。殺菌作用ではカミツレ・ヒノキチオールなど。

こういった成分が含まれている化粧品類はニキビ肌に有効とされています。表示で確認してみてはいかがでしょうか。たくさんある商品の中から選ぶとき、ついついパッケージやインパクトのある外側で判断しがちですよね。また、化粧品の効能は緩やかであり、長期的に改善していきます。そのため、高価なものをケチケチ使うのではなく(もちろん高価な化粧品を使い続けられれば良いですが・・・)、続けていける価格帯のものを正しい量をしっかり使うということも大切です。有効成分なども表示で確認しながら、賢く自分に合った化粧品を選びたいものですね。

39.効果的な使用法

このページの先頭へ