大人ニキビの治療法と対策-

21.季節による肌変化

大人ニキビの治療法と対策-

次は季節による肌の変化についてです。気温や湿度、紫外線量などの変化によって様々な肌変化が起こります。

春:気温の上昇とともに皮膚の新陳代謝が活発になり皮脂分泌が増えてきます。しかし昼と夜の気温差が大きく不安定なため皮膚が健康を保つ力が環境に充分に対応できなくなる。このためニキビや湿疹などのトラブルが増加してしまいます。この時期はよりソフトに洗顔を行い、たっぷりと保湿を。血行を促進するような手入れは控え目でも良いでしょう。

夏:皮脂・汗ともに分泌量が最も多くなります。また紫外線も強い時期です。日焼けだけでなく直接細胞を傷つけたり、皮膚を変質させて活性酸素を作って肌細胞を傷めます。黒ニキビが増加したりする時期でもありますので、紫外線対策を充分に行う必要があります。発汗しすぎると肌にも悪影響を及ぼすので、内側からの水分補給もしっかり行いましょう。

秋:空気が乾燥し、気温が下がり皮膚の新陳代謝が衰えはじめます。夏の日焼けなどの影響が出始める時期でもあるので、抵抗力を高め修復するためにビタミンAなどを多く含む食品を摂るようにしましょう。また夏の間に溜まった角質を無理にはがさず、たんぱく質分解酵素入りの先顔などを週2回程ソフトに行うと良いです。化粧品類も油分の多いクリームなどへの切り替え時期でもあります。

冬:低温が続き、空気が非常に乾燥しているため、肌あれが起きやすい時期です。特に乾燥性のニキビが増える時期でもあります。充分な保湿はもちろんですが、寒さのため毛細血管が縮小して血行が悪くなった肌の改善として、マッサージやパックを行い血行促進を心がけるとよいでしょう。

22.その他の注意

このページの先頭へ