大人ニキビの治療法と対策-

19.ローション・ミルク

大人ニキビの治療法と対策-

ではお肌がキレイになったあとは仕上げですね。まずは化粧水の種類ですが、用途に応じて使い分けが必要です。水分や保湿剤を補給する保湿タイプや皮脂や汗の量を調整する収れんタイプなどがあります。これもやはり多くのメーカーがそれぞれ売りの成分を配合し、競っていますね。保湿+美白など非常に多機能なものが多いようです。

皮脂量が多い方は、肌を冷やしたり引き締め感を与えるエタノールが多く含まれる収れん(さっぱり)タイプを使用している場合が多いようです。ただここで気をつけなくてはいけないのはエタノールが多く含まれるものは、ひどいニキビには刺激になり、保湿力に欠けることも多いのです。


使用量の見直しも必要ですね。塗布するときコットンは使っていますか?大人ニキビの原因は乾燥もあります。コットンに500円玉大、コットンの裏側まで染みるくらいの量が必要ですよ。はじめは下から上にパッティングしながら毛穴を引き締め、そのあともう1度全体がしっとりするようつけてみて下さい。乾燥性ニキビの場合は、保湿用化粧水を同様につけて下さい。暑い時期は冷蔵庫などで冷やして使うのも毛穴の引き締めには効果的ですね!


仕上げの乳液やクリームは必ず付けましょう。お肌に入れた水分を油分でラップして閉じ込める役割があります。量もさらっとした乳液タイプのものはティースプーン1杯程度、クリーム類は真珠1粒程度は使って下さい。手のひらの体温を使ってじっくり肌の奥まで浸透させて、表面にべたつきが残らないよう余分なクリーム類は軽くティッシュオフする方法もあります。大人ニキビに必要な肌の柔軟性や余計な皮脂を出しすぎないためにもにも正しい量をつけて下さいね。

20.マッサージ・パック

このページの先頭へ