大人ニキビの治療法と対策-

16.皮膚の構造・働き

大人ニキビの治療法と対策-

ではまずは皮膚の仕組みについて簡単に説明しますね。
皮膚は大きく分けて3層に分かれています。

1.表皮・・・・1番上にある層で新しい細胞を生みだしながら、上に押し上げていき角質となり最後ははがれ落ちていく(ターンオーバー)。皮脂と汗により皮脂膜を作り水分を保ったり、外から異物が入らないようにする。
2.真皮・・・・表皮を下から支える層で皮膚のハリ・弾力・硬さにもっとも関係が深く、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを作り出す。真皮が衰え痩せてしまうと肌年齢に重要な印象をもたらします。         
3.皮下組織・・ほとんどが脂肪の層です。外部との断熱や体温の低下を防ぐ大切な役割があります。また外部からの衝撃をやわらげるクッションになります。
皮膚とはこういったいくつもの層からできていて、どれもそれぞれの重要な役割を持ちながら連携を保っています。日々のお手入れでは表面だけではなく、それぞれに効率よく働きかけることにより効果が上がりやすくなりますよ。毎日のお手入れにより効果が目に見えて上がっていき結果がでれば、肌に自身が持て表情も明るくなりますよね!


肌は「心の鏡・内臓の鏡」と言われています。嬉しい時には明るい表情だったり、体調の良い時には「顔色がいいね」なんて言葉かけもしますよね。悩みを改善して魅力的になれるよう頑張りましょう!

17.クレンジング

このページの先頭へ