大人ニキビの治療法と対策-

15.お手入れの必要性

大人ニキビの治療法と対策-

ここからは具体的なニキビ肌予防や改善のお手入れについてご紹介します。冒頭にも書きましたがお肌の衰えは25歳を過ぎたころから感じ始め30歳を境により強く感じる人が多いようです。これは加齢によって様々な機能が低下していくためです。
1.肌の水分量の減少
2.新しい皮膚細胞を作り出す機能の低下
3.ターンオーバーの乱れ
4.皮脂量の低下

このような事があげられます。また肌質は実年齢と見た目の年齢に差を生みます。実年齢より老けてみられる人の傾向は、紫外線を浴びる機会が多かった・精神的ストレスを長期間受け続けた・日常の化粧品によるお手入れを怠った・・・などの理由が挙げられています。生活や仕事の環境で避けられない事はありますが、化粧品を用いてのお手入れについては気持ち次第ですぐにでも始められますよね。

実際私も美容のお仕事を始める前は外回りの営業をしていました。30を過ぎたころ自分の老化に気付き愕然としたものです。そんな時化粧品部への移動のお話を頂き、思いがけず転機を迎えました。
今までの分を取り返すよう頑張ってお手入れしましたよ。今では外回りのころより肌年齢は若いという確信があります。そして、出ては消え・出ては消え・・と悩まされた大人ニキビも体調不良の時以外は出ることは無くなりました!加齢は止められませんが、いつまでも若々しくありたいと願う気持ちは皆さんありますよね。是非正しいお手入れについてもう1度確認していきましょう。

16.皮膚の構造・働き

このページの先頭へ