大人ニキビの治療法と対策-

13.アルコール

大人ニキビの治療法と対策-

ニキビ肌の方へのアルコールの影響はどのような事があるでしょう。アルコールは毛細血管の拡張を招ききます。このため皮膚は充血したり、赤ら顔になったりします。お酒を飲んだ時に顔が赤くなるのはこのためです。また、汗や皮脂の分泌が増加します。


先ほど過度な糖分の摂取についてお話ししましたが、お酒の席ではついつい食べ過ぎてしまったりすることがありますよね。しかもアルコール自体にも皮脂増加の原因があるとなれば、ニキビが出来てしまうのも納得ですね。

また、過度の飲酒は胃腸や解毒を行う肝臓にも負担をかけてしまうため皮膚は荒れて老化を招きやすいと言われています。ほどほどに・・・というのがベストですね。
でも、心地よいくらいの飲酒は時によってはストレス解消になったり、血行を良くしたりと良い事もあります。少し楽しむ程度にし、食べ過ぎないことを心がけましょう。
私も適度にお酒を飲むのはとても好きです。中にはお付き合いで、なんて場合もあるかとは思いますので、おつまみ類ではたんぱく質やビタミンB群を含んだものを摂ると肝臓や胃腸の保護になりますよ。例えば大豆製品などです。おつまみの定番にある冷や奴や枝豆などはこういった理由もあるかもしれませんね。

また就寝直前の飲酒は眠りを浅くし睡眠の質を落としますので、寝酒をするよりもノンカフェインの温かいものを飲む方がいいですよ。寝酒をしないとよく眠れないという方は、過度のストレスを抱えている恐れが。まずはストレスを解消させることも大切ですね。ニキビ肌改善のためにも程よいお酒と質の良い睡眠を心がけましょう!

14.タバコ

このページの先頭へ